ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 香月泰男美術館で25周年誌とオリジナル干菓子を販売

香月泰男美術館で25周年誌とオリジナル干菓子を販売

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月24日更新
25周年誌は2,200円で販売

25周年誌は2,200円で販売
第2弾となるオリジナル干菓子は700円
香月泰男美術館および美術館ウェブショップで取り扱っています

 香月泰男美術館で、25周年誌とオリジナル干菓子が販売されています。

 25周年誌は「25年のあゆみ」と「アートコレクション(油彩)」の2冊のセット。「25年のあゆみ」には開館からこれまでに開催した展覧会など活動の記録や生前の香月画伯と親交のあった彫刻家・田中米吉氏などの寄稿文が掲載されており、「アートコレクション(油彩)」には所蔵の油彩画全作品を網羅する初の目録で377点が印刷されています。

 また、オリジナル干菓子も同時に販売が開始。香月泰男自宅台所の壁に、四季折々の草花や昆虫、旅先の風景などを描いており、この壁画の世界をイメージされた干菓子は300個限定となっています。

 ・25周年誌 2,200円(税込み)

 ・オリジナル干菓子 700円(税込み)

◆取扱 香月泰男美術館および美術館ウェブショップ