ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ジャンボのり巻きに挑戦〜第38回日置ふるさとまつり〜

ジャンボのり巻きに挑戦〜第38回日置ふるさとまつり〜

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月4日更新
約70メートルのジャンボのり巻きを掲げる

約70メートルのジャンボのり巻きを掲げる
保育園児や児童らがステージで発表
萩光塩高校書道部による見事なパフォーマンス
大人気のまつたけ狩りゲームには朝早くから整理券を求めて並ぶ人の姿が見られた
地元の食材を使った名物「千畳鍋」

 11月4日(月曜日)、第38回日置ふるさと祭りが日置農村環境改善センター周辺で開催され、約4,500人がふるさとまつりを楽しみました。

 開会式では上田洋一実行委員長が「地域の皆さんが一堂に集まる機会はめったにない。普段話をしていない人と声を掛け合い、親睦を深めることで、地域の絆が深まり、活動が活発になることを期待します」とあいさつしました。

 ステージでは日置保育園・黄波戸保育園の園児による鼓笛演奏や和太鼓演奏、神田小学校・日置小学校の児童による合唱・演奏などのほか、恒例のまつたけ狩りゲームも行われました。今年は萩光塩学院高校書道部による書道パフォーマンスが披露され、部員13人が白い紙の上に流れるように筆を進め、素晴らしいパフォーマンスとともに、「ここはやさしく美しい詩のふるさと 愛郷」と金子みすゞをテーマにした作品を書き上げました。

 また、恒例のジャンボのりまきも登場。約70メートルのジャンボのりまきを会場に訪れた約200人の来場者で一緒に巻いて持ち上げるイベントで、山口県のオリジナル野菜はなっこりーやかんぴょう、人参、玉子を具材に巻き、司会の合図で一斉にのりまきを持ち上げて見事完成させました。