ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 第15回図書館まつり

第15回図書館まつり

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月3日更新
人気の古本市には朝早くから並んで待つ人の姿が見られた

人気の古本市には朝早くから並んで待つ人の姿が見られた
青海島の魅力を紹介した企画展
芝生広場にはハンモックなどくつろげる空間の演出も
絵本の読み聞かせ
調べる学習コンクールで入賞したみなさん

 11月3日(日曜日)、文化の日にあわせて「第15回図書館まつり」が長門市立図書館周辺で開催されました。

 図書館まつり実行委員会が主催となって行われる図書館まつりは、ボランティアの人々のアイデアあふれた手作り感満載のイベントが人気で、特に恒例の古本市には朝早くから多くの人が行列を成し、販売開始と同時にお目当ての本を探し求めていました。

 館内では「第2回長門市図書館を使った調べる学習コンクール」の表彰式も開催。これは図書館資料をはじめ、さまざまな情報を活用した「調べる学習」を通じて、児童・生徒が自ら考え、解決する力や表現する力を育むことを目的に開催され、市内小中学校から58点の応募があり、その中から最優秀賞および優秀賞12人が表彰されました。

 表彰者に賞状を授与した松浦正彦教育長は「このコンクールをきっかけに、さらに発表した内容を追求していってほしい。図書館で調べることに価値があり、今後とも図書館を利用していってほしい」と述べました。

 最優秀賞に輝いた4人のうち、深川小学校3年生の杉村光彬さんと菱海中学校1年生の中ノ目ゆうさんの作品は全国コンクールに出品されます。また、受賞した作品は図書館内で作品展として展示される予定です。

 この日は、図書館の外の芝生広場を活用した取り組みも行われ、ハンモックやイス、パラソルが並べれた休憩スペースや跳び箱、木の切り株が設置されたアクティビティコーナー、読み聞かせコーナーなどが屋外で開催。カフェでドリンクを買って飲んだりと、思い思いの過ごし方で芝生広場を楽しんでいる姿が見られました。

 なお、第2回長門市図書館を使った調べる学習コンクールの受賞者は次のとおり(敬称略)

【最優秀賞】

小学生

 低学年の部 

宇田 奏太(深川小学校1年)

中学年の部 

杉村 光彬(深川小学校3年)

高学年の部 

杉田 麻綾(深川小学校5年)

中学生の部

 中ノ目ゆう(菱海中学校1年)

【優秀賞】

小学生

低学年の部 

金子 悠馬(明倫小学校1年)、南部 紗希(明倫小学校2年)

中学年の部 

村上 璃子(深川小学校3年)、村岡 結衣(日置小学校4年)

高学年の部 

大下 遥子(明倫小学校5年)、木下 智絵(神田小学校5年)

中学生の部

柳本 彩夏(深川中学校2年)、宮本 華奈(深川中学校2年)