ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > クルーズ船乗組員のモニターツアーを開催

クルーズ船乗組員のモニターツアーを開催

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月25日更新
元乃隅神社の絶景を撮影

元乃隅神社の絶景を撮影
道の駅センザキッチンで海鮮丼に興味を示す乗組員
フードコートのグルメを楽しむ
全員で記念撮影
賽銭箱にコインを投げ入れる

 10月25日(金曜日)、クルーズ船の乗組員を対象としたモニターツアーが開催されました。

これは今後増加が見込まれる下関港へのクルーズ船の寄港と訪日外国人観光客に対し、魅力ある寄港地観光を提案するため、今回、下関市に寄港したイタリア船籍のクルーズ船「コスタ・ベネチア」の乗組員を対象に、長門市・下関市両市の観光スポットを巡り、その魅力を知ってもらうために企画されました。

 下関港長州出島を出発した乗組員ら30人は、最初に道の駅センザキッチンに到着。昼食を兼ねた自由時間となり、乗組員らはセンザキッチンのフードコートなどを巡り、焼き鳥や海鮮丼、ラーメンといったメニューを注文して食事を楽しんでいました。また、道の駅センザキッチンの後は元乃隅神社に移動。日本海に向かって赤い鳥居や123基並ぶ絶景を写真撮影したり、高さ5メートルの位置にある賽銭箱にコインを投げ入れたりしてツアーを楽しんでいました。

 ウクライナ出身の乗組員は「元乃隅神社の景色はとても綺麗で感動しました。コインを投げ入れる体験もみんなで盛り上がれるのでとても面白い。道の駅センザキッチンでは、木のおもちゃで遊ぶ長門おもちゃ美術館がとても気に入りました」と感想を話していました。