ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 市民参加によるSNSでの発信がスタート~長門市シティプロモーション部~

市民参加によるSNSでの発信がスタート~長門市シティプロモーション部~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月4日更新
市民参加によるSNSを活用した部活動がスタート

市民参加によるSNSを活用した部活動がスタート
大西市長から任命書が交付
カメラマンの中野章子さんによる写真撮影講座
スマートフォンを使った撮影のコツを学ぶ
撮影した写真を見てアドバイス

 10月4日(金曜日)、長門市シティプロモーション部の発足式が、長門市しごとセンターで行われました。

 シティプロモーションとは地域の魅力を掘り起こし、それを地域の内外へ広めることで「地域イメージをブランド化」し、交流人口や移住者の増加、イメージ効果による特産品などの販売増につなげる取り組みで、長門市では市民参加によるSNSを使った情報発信の取り組みとして、長門市シティプロモーション部としてスタートしました。

 長門市シティプロモーション部は、公募で参加した第1期生の部員17人で組織され、発足式では大西市長が「市民一人ひとりの情報発信の取り組みに期待しています」と任命書を交付。発足式終了後には、スキルアップ講座として広島県内で活動するカメラマン中野章子さんを講師に迎え、写真撮影講座が開催されました。

 長門市シティプロモーション部は、フェイスブックとインスタグラムで「てとてとながと」というページを運用。部員がおすすめする長門市の自然や食、暮らしぶりなどの魅力を発信します。

 てとてとながとfacebookページ<外部リンク>

 てとてとながとinstagram<外部リンク>

 もしくは「てとてとながと」で検索