ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > むかつくコースに1,526人がエントリー 〜第3回JAL向津具ダブルマラソン開会式

むかつくコースに1,526人がエントリー 〜第3回JAL向津具ダブルマラソン開会式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月8日更新
JAL特製の紙飛行機を飛ばして、明日の健闘を誓う

JAL特製の紙飛行機を飛ばして、明日の健闘を誓う
「今年は若い力も加わり、しっかりみなさんを迎えることができた」と長谷川実行委員長
選手宣誓は北海道から参加した佐藤嘉志子さん
ゲストランナーとして走る中村友梨香さんがマラソンのコツを語る
メインスポンサーのJALのCAも駆けつけ、抽選会をサポート

 6月8日(土曜日)、第3回JAL向津具ダブルマラソンの開催を前に開会式・交流会がラポールゆやで開催され、選手やJAL関係者、スタッフなど210人が参加しました。

 むかつくダブルマラソン実行委員会の長谷川泰生実行委員長が「夢に描いていたこの大会も3回目。初の試みでゼロからのスタートだった。今年は若い力も加わり、しっかりみなさんを迎えることができた。関係者のみなさまに心より感謝したい」と開会宣言。

 続いて大谷副市長が「北は北海道きら南は鹿児島県まで33都道府県から1,526人がエントリー。しかもこれだけの難コースにも関わらず、リピート率が50%を超え、愛すべき大会と認知されてきた。明日は長門の山海の魅力を楽しんでほしい」とあいさつしました。

 交流会ではゲストランナーとして招かれた中村友梨香さんも出席。マラソンのコツを聞かれ、「本当に激しいコース。上り坂の時は頂上を見ず、2歩くらい先を見ながら走るといい。明日は皆さんを応援しながら走っていきたい」と述べました。

 今回、北海道から初参加し、選手宣誓を務めた佐藤嘉志子さんは「昨年のJALの機内誌を見てこの大会を知り、面白い名前の大会と思って参加しました。300mの高低差にびっくりしてて、ドキドキしています。明日は海も山もあるコースを楽しみたい」と話していました。

 交流会では長門市の特産品が当たる抽選会や大会テーマソングを歌うシンガーソングライターのKinuyoさんが「ツヨク」を披露。最後に全員でJAL特製の紙飛行機を飛ばして、明日の検討を誓いました。