ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 自転車競技のトップアスリートに学ぶ

自転車競技のトップアスリートに学ぶ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月15日更新
実際にローラーの上でロードバイクに乗ってペダルをこぐ

実際にローラーの上でロードバイクに乗ってペダルをこぐ
日本代表にも選出されている一丸選手が深川中学校を訪問
ブレーキのついていない車体を説明
実際に走る映像を流すと、その迫力に見入る生徒も
一丸選手の走行デモンストレーション

 3月15日(金曜日)、自転車競技のトップアスリートが深川中学校を訪問し、2年生の生徒113人と交流事業を行いました。

 深川中学校を訪れたのは、シマノレーシングチームの一丸尚伍選手で、トラックレース中長距離日本代表選手にも選ばれています。市では「サイクリスト交流事業」を、生徒が自転車のトップアスリートとの交流を通して、自転車競技についての興味関心を高めるとともに、目標に向かって進む姿を見てもらうことにより、夢と希望を育むことを目的に開催しています。、

 特別授業では、ゲストティーチャーの一丸選手から自転車トラック競技について、最大傾斜角45度のコースやブレーキのついていない車体の紹介、チームパシュートやスプリントなど種目の説明があり、続いて実際の走行シーンの動画を放送すると生徒らは迫力ある映像に見入っていました。

 一丸選手によるローラーの上で自転車をこぐデモンストレーションが行われたのち、実際に生徒が自転車に乗ってロードバイクをこぐ体験をしました。生徒らは初めて乗るロードバイクに戸惑いながらも、一生懸命ペダルをこぎ、最高速度を競い合っていました。

 参加した生徒は「いつもの自転車と違ってこぐのが楽しかった」「ペダルが重くてびっくりした」など感想を話していました。

 翌16日には、道の駅センザキッチンをスタート、ゴールにしたサイクリングイベント「ながとブルーオーシャンライド・mini」も開催され、一丸選手もゲストライダーとして参加します。