ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > おやじバンドまつりVol.15

おやじバンドまつりVol.15

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月24日更新
15回目を数えたおやじバンド。レベルの高いライブパフォーマンスにはファンも多い

15回目を数えたおやじバンド。レベルの高いライブパフォーマンスにはファンも多い
ホストバンド「F.STREET」のボーカル白澤真史さん
今回は6組が出演し、熟練の技や年齢を感じさせない歌声を披露
山口県住みます芸人のどさけんも参戦。力強い歌声で熱唱
会場参加者のボルテージは、MAXに。踊り出す人も現れた

 2月24日(日曜日)、「おやじバンド祭りvol.15」がルネッサながと劇場で開催され、約350人が圧巻のライブパフォーマンスに熱狂しました。

 ルネッサながとがオープンした平成12年から始まったこのイベントは、今年で節目となる15回目を数えます。ライブがはじまると、萩・長門で活躍し、ホストバンドの「F.STREET」が先陣を切って4曲を演奏。ボーカルの白澤真史さんが「おやじたちは発奮します!新しい時代のために頑張りたいと思います」と高らかに宣言しました。

 その後も県内各地から「NONPURI」、「BLUE ANGEL」、「テンストーンズ」、「Gclu」が集結、各バンドは熟練の技術や力強い歌声を披露しました。またスペシャルゲストとして山口県住みます芸人のどさけんも参戦し、どさけんハーツとして出演しました。会場は大変な盛り上がりをみせ、来場した人の中にはペンライトを振ったり、立って踊る人もいました。来場者の1人は、「10回以上来ています。レベルも高く聞き応えがあるので、毎回楽しみにしています」と感想を述べました。