ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 綱引きで10回連続全国大会出場

綱引きで10回連続全国大会出場

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月18日更新
代表して訪れた右から福本選手、本田選手、左から伊藤トレーナー、藤部選手

代表して訪れた右から福本選手、本田選手、左から伊藤トレーナー、藤部選手
大西市長は、高齢化が進む俵山地区でチームを編成し、10年連続全国大会に出場する俵山TCを高く評価
旧俵山中学校体育館で、週4回20時から練習する俵山TC
全国大会に向けては、持久力を高めるため、長く綱を引く練習をしているとという

 2月18日(月曜日)、「2019全日本綱引選手権大会」に出場する選手の全国大会出場激励会が、長門市役所に行われました。

 このたび全国大会に出場するのは、俵山TCの12名です。東京都世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場で開催される「2019全日本綱引選手権」の男子の部600kg(ライトミドル級)に出場します。俵山TCは、旧俵山中学校体育館で午後8時から週4回練習しており、昨年12月に周南市で行われた同大会の山口県予選会に優勝したことにより、10年連続の全国大会出場を決めました。

 激励会では、大西市長が「高齢化が進む俵山でチーム編成を行い、全国大会に出場されていることに敬意を表します。残り少ない時間ではありますが、全力を挙げて練習に励み、最高の成績が残せるよう頑張ってください」と述べ、激励費と記念品を手渡しました。

 また俵山TCのキャプテンの本田勝規選手は、「今回の出場は、10年連続がかかっていたので嬉しかった。精一杯頑張って一つでも多く勝って帰りたい」と話しました。

なお、出場する大会の概要は、以下のとおりです(敬称略)。

  • 日時 平成31年3月3日(日曜日)
  • 場所 駒沢オリンピック公園総合運動場体育館
  • 出場者 監督 梅田 信司        トレーナー 伊藤 隆夫
     選手 本田 勝規(キャプテン)    選手 坂田 美継
     選手 福本 道晴            選手 増野 敏之 
     選手 中三川 竜二          選手 三浦 浩一
     選手 増野 亨             選手 加藤 広嗣
     選手 藤部 拓也            選手 村田 光