ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 園児の給食に鯨肉が登場

園児の給食に鯨肉が登場

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月7日更新
「唐揚げみたいな味でおいしい」と感想を話す園児ら

「唐揚げみたいな味でおいしい」と感想を話す園児ら
ヒゲクジラとハクジラの違いを図表を見て確認する園児ら
鯨のひげの大きさに驚く
「栄養価の高い鯨肉を食べて元気で大きくなりましょう」と長門大津くじら食文化を継承する会の上田会長
くじら資料館の早川館長がくじらの種類や大きさを紹介

 2月7日(木曜日)、市内すべての保育園・幼稚園を対象として、長門大津くじら食文化を継承する会から約40kgのイワシクジラの鯨肉が提供され、竜田揚げとして園児・職員に振る舞われました。

 同会では平成19年度から、伝統的な食文化に親しみを持ってもらおうと提供を続けており、当初は各地区3年に一度だったものの、平成25年度からは市内すべての保育園・幼稚園に一斉に提供を行っています。

 この日は、今年度で閉園となる東深川保育園でセレモニーが行われ、同会の上田俊成会長は「鯨肉は栄養価が高く、食べると元気で大きくなれます。給食の時間にしっかり鯨肉を食べて元気になりましょう」とあいさつ。続いて大西市長が「節分の日には大きなものを食べる習慣があり、この地域では鯨肉を食べています。今日は家に帰って家族に鯨肉食べたよと伝えてください」と述べました。

 その後、くじら資料館の早川義勝館長が、本物のひげや歯を見せながら鯨の種類や大きさを紹介。本物のひげや歯を実際に見た園児は、「固い」「大きい」などと驚き、さわったり持ち上げたりしていました。給食時間になると、園児・職員など約50人は、上田会長や大西市長と一緒に机を囲み、甘辛く味付けされた鯨の竜田揚げを味わいました。