ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 消防団長辞令交付式

消防団長辞令交付式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月4日更新
新たに消防団長に任命された村部さん(写真左)と退任された流田さん(写真右)

新たに消防団長に任命された村部さん(写真左)と退任された流田さん(写真右)
退団の辞令交付を受ける流田さん
消防団長の辞令交付を受ける村部さん
退任した流田さんおよび着任した村部さんに労いと激励の言葉を述べる大西市長
消防団員としての活動の思い出を語る流田さん

 1月4日(木曜日)、長門市役所で消防団長辞令交付式が行われました。

 現在の消防団長である流田壽雄さんの退任に伴い、新たに消防団長に任命されたのは、村部博明さんです。村部さんは、昭和46年7月に消防団に入団し、分団長や方面隊長、副団長などを歴任し、県消防協会長や日本消防協会長、消防庁長官から数々の表彰を受けています。

 辞令交付式では、大西市長が流田さん、村部さんにそれぞれ辞令を交付。46年間消防団に携わった流田さんに「長年消防団員としての活動ご苦労様でした。市民の生命財産を守り、ボランティア精神で職務に遂行された功績は大きく、市民を代表して厚くお礼を申します」とお礼を述べました。また、新たに消防団長となった村部さんには「1,000人を超える消防団員の長として、統制のとれ団員の行動を切にお願いしたい」と激励しました。

 消防団長を退任した流田さんは「安堵の気持ちでいっぱいです。初めて火事場に行ったときに住民に感謝されたことがボランティアとして活動する気持ちを強くした。これからも地域のために貢献したい」と退任に際しての気持ちを述べました。また、消防団に関わって47年目になる村部さんは「消防団長に任命され、身が引き締まる思い。住民の安全安心の確保のため、団員が団結し、みなさんの負託に応えたい」と意気込みを語りました。

 なお、村部さんの消防団長としての初仕事は、1月6日(日曜日)に行われる消防出初式となります。