ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 花園出場する大津緑洋高校ラグビーフットボール部の壮行式が開催

花園出場する大津緑洋高校ラグビーフットボール部の壮行式が開催

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月21日更新
花園に出場する選手たちを、全校生徒が拍手で送りだす

花園に出場する選手たちを、全校生徒が拍手で送りだす
花園に出場する大津緑洋高校ラグビーフットボール部の選手たち
花園出場に向けて意気込みを述べる末次遥人主将
大津緑洋高校の原田治幸校長が、賞状やトロフィー、優勝旗などを披露
応援団や全校生徒が、校歌で激励

 12月21日(金曜日)、大津緑洋高校ラグビーフットボール部の全国大会出場壮行式が、大津緑洋高校大津校舎体育館において開催されました。

 大津緑洋高校ラグビーフットボール部は、11月18日(日曜日)に行われた第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会山口県予選会において、決勝戦で山口高校に29-5で勝利し、本大会である花園出場を決めました。

 壮行式では、まず全校生徒から盛大な拍手を送られながら全国大会に出場する選手が入場。続いて、県大会の優勝旗やトロフィー、賞状などが全校生徒に向けて披露され、さらに選手の大会結果などの説明が行われると、原田治幸校長は「自分たちを信じ、自分たちのラグビーをしっかりしてきてください。山口県長門市にこんな素晴らしいラグビーチームがあるのだと示していただきたい。花園での健闘を願っております」と出場選手たちを激励しました。式の中で、大津緑洋高校ラグビーフットボール部の末次遥人主将は、「全国大会での目標はまず一勝挙げることです。磨いてきた低いタックルとボールを大きく展開するラグビーで勝利したいと思います。またお応援してくださった方々や先生方、友人たちの期待に応えられるように、大津緑洋高校らしいラグビーをして勝利という形で皆さんに恩返ししたいと思います」と意気込みを述べました。

 なお、本大会の市民壮行会は、12月25日(火曜日)の10時30分から長門市中央公民館大講堂で行われる予定となっています。5年ぶりの花園出場する選手の士気を高めるため、奮ってご参加をお願いします。