ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 市内中学生が卓球の全国大会に出場

市内中学生が卓球の全国大会に出場

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月25日更新
(右から)内山さん、大西市長、西村さん、前田さん

(右から)内山さん、大西市長、西村さん、前田さん
「今までの経験をもとに素晴らしい試合をしていただき、多くの仲間を作ってください」と大西市長
一人ひとりに激励費が手渡される
3人は卓球の魅力を「どんな年齢でもできること」「複数人でやる競技なので友人が増えるところ」と語った

 JOCジュニアオリンピックカップ2018平成30年度全日本卓球選手権大会(カデットの部)に出場する選手の激励会が、10月25日(木曜日)に、長門市役所で行われました。

 この日訪れたのは、油谷卓球クラブに所属する深川中学校2年の内山智晴さん、西村妃織さん、前田絆さんです。3人は、8月27日にソルトアリーナ防府で開催された本大会山口予選に出場し、女子シングルスで3位までを独占して、今回の全国大会出場を決めました。

 激励会では、大西市長が「全国大会の出場を心からお祝い申し上げます。今までの経験をもとに素晴らしい試合をしていただき、多くの仲間を作ってください」と激励しました。初めての全国大会出場にあたり、内山さんは「ベスト16に入れるよう全力を尽くしたい」、西村さんは「初戦突破できるように頑張りたい」、前田さんは「1勝でも多く勝てるよう頑張りたい」とそれぞれ抱負を述べました。

 なお、大会の概要などについては下記のとおりです。

  • ・大会名
    JOCジュニアオリンピックカップ2018
    平成30年度全日本卓球選手権大会(カデットの部)
     
  • 期日
    11月2日(金曜日)〜11月4日(日曜日)
     
  • 出場種目
    14歳(中学2年生)以下女子シングルス
     
  • 試合形式
    全試合、11ポイント・5ゲームマッチのトーナメント形式