ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 長州黒かしわの鍋スープ完成にあわせ試食会を開催

長州黒かしわの鍋スープ完成にあわせ試食会を開催

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月26日更新
新しく完成した「長州黒かしわ鍋スープ」

新しく完成した「長州黒かしわ鍋スープ」
道の駅センザキッチンで試食が行われた
鍋には長州黒かしわのもも肉やネギ、白菜、シイタケと長州黒かしわ鍋スープを使用
「化学調味料を使ってないので安心して食べられます」と深川養鶏農業協同組合の磯部さん(写真右)

 やまぐちブランドにも登録されている県産オリジナル地鶏「長州黒かしわ」の鶏ガラをベースとした「長州黒かしわ鍋スープ」が新しく完成し、10月26日(金曜日)、道の駅センザキッチンで試食会が行われました。

 「長州黒かしわ鍋スープ」は、東京都の高級スーパーで長州黒かしわの販売が好調なことから関連商品がほしいと要望を受けたことから深川養鶏農業協同組合が開発したものです。長州黒かしわの鶏ガラと香川県産の醤油を合わせ、化学調味料を使用せず作られています。

 試食会では、「長州黒かしわの鍋スープ」に長州黒かしわのもも肉やネギ、シイタケ、白菜を入れた鍋が300人分用意され、買い物に訪れた来場者に配られました。買い物客らは足を止めて試食し、「うま味があっておいしい」など感想を話していました。

 深川養鶏農業協同組合黒かしわ推進課の磯部充利さんは「長州黒かしわのガラスープが20%入っており、醤油の味に角が立たない。化学調味料も不使用ですので、安心して料理に使っていただけると思います」と商品の特徴をPRしました。

 「長州黒かしわ鍋スープ」は道の駅センザキッチンのほか、首都圏のスーパーの紀ノ国屋でも販売されており、濃縮タイプ140グラム(3~4人前)で450円(税別)で販売されています。

 試食会はこの日のほか、下記の日程で開催される予定です。

  •  11月2日(金曜日)   10時~15時 道の駅センザキッチン
  •  11月16日(金曜日) 10時~15時 道の駅センザキッチン
  •  12月1日(土曜日)   10時~15時 道の駅センザキッチン
  •  12月22日(土曜日) 10時~15時 道の駅センザキッチン