ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 第66回長門大津駅伝大会

第66回長門大津駅伝大会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月13日更新
中学校の部、一般・高校の部が一斉にスタート

中学校の部、一般・高校の部が一斉にスタート
保育園児たちによる手旗応援
接戦を制しトップでゴールするチーム「油谷」の岡野耕大選手
一般・高校の部で優勝を果たしたチーム「油谷」
中学校の部では、三隅中学校が1位と2位を制覇した

 10月13日(土曜日)、「第66回長門大津駅伝大会」が開催され、中学生の部8チーム、高校・一般の部5チームが、三隅中学校からラポールゆやまでの20.8kmを駆け抜けました。

 10時20分の号砲とともに、選手達は一斉にスタート。沿道には多くの人が応援にかけつけ、選手達の力走を見守りました。コース途中では、保育園園児たちによっても手旗応援が行われ、選手達は走りに力を入れていました。大会の結果は、今年は中学生の部が「三隅中学校A」で1時間12分25秒、一般・高校の部がチーム「油谷」で1時間9分20秒で優勝しました。

 閉会式では、大会講評として長門市中学生体育連盟松岡秀樹会長が、「選手のタスキを繋ごうとしている真剣さは、見ている人に大きな感動を与えました。これからも生涯にわたって走ることを続けて頂きたい」と講評しました。優勝したチーム「油谷」でアンカーを走った岡野耕大さんは、「追い風もあり、コンディションも良かったので、行けるとこまでいきました。油谷で勝ったのが久々だと思うので嬉しいです」と優勝の感想を語りました。

 主な大会の結果は、下記のとおりです。

〈中学校の部〉

  • 1位 三隅中学校A  1時間12分25秒
  • 2位 三隅中学校B  1時間14分29秒
  • 3位 日置中学校   1時間14分50秒

〈一般・高校の部〉

  • 1位 油谷  1時間09分20秒
  • 2位 長門  1時間10分14秒
  • 3位 大津緑洋高校陸上部  1時間10分57秒

〈区間賞(中学校の部)〉

  • 1区(3.5km) 原川翔太(三隅中学校A) 11分18秒
  • 2区(3.2km) 山崎草太(日置中学校) 10分31秒
  • 3区(3.0km) 田中大心(三隅中学校B) 9分56秒
  • 4区(3.4km) 原田佳弦(深川中学校A) 12分34秒
  • 5区(3.9km) 宮崎翔太郎(日置中学校) 13分17秒
  • 6区(3.8km) 上田裕太(三隅中学校A) 13分16秒

〈区間賞(一般・高校の部)〉

  • 1区(3.5km) 藤本卓也(大津緑洋高校陸上部) 10分55秒
  • 2区(3.2km) 有重和人(長門) 9分43秒
  • 3区(3.0km) 大見成剛(大津緑洋高校陸上部) 9分08秒
  • 4区(3.4km) 高見雄飛(日置) 10分41秒
  • 5区(3.9km) 山中翔平(三隅Rc) 12分54秒
  • 6区(3.8km) 岡野耕大(油谷) 11分50秒