ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 科学の魅力や面白さを体験 ~長門サイエンスフェスティバル2018

科学の魅力や面白さを体験 ~長門サイエンスフェスティバル2018

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月29日更新
ヘリウム風船に乗って空中に浮かぶ

ヘリウム風船に乗って空中に浮かぶ
竹を切って空気砲や伝声管、パンフルートを製作
体育館では小・中学校科学作品展覧会も実施され、自由研究などが展示された
氷水に塩を混ぜてジュースが変身
簡単なプログラムを組んでドローンを動かす

 9月29日(土曜日)、科学の魅力や面白さを体験することで子どもたちの科学への親しみや夢を育むことを目的に「長門サイエンスフェスティバル2018」が深川小学校で開かれ、1,000人を超える来場者が実験や工作を楽しみました。

 これは小中学校、高校、大学、企業、地域団体が連携して実施したもので、それぞれが提供する26のブースで誰もが科学に親しめるような体験が提供されました。

 会場では各ブースで様々な実験や工作などの体験が可能で、ヘリウムガスを入れた巨大な地球型の風船で舞い上がる「ヘリウム風船で空中に浮かんでみよう」は子どもたちに大人気で、子どもたちはヘリウム風船に乗り、高さ5メートルくらいまで空中に上がって浮力を体感していました。また、竹を使った木工体験では竹の伝声管、空気砲、パンフルートの製作体験が行われ、竹を切り、それぞれの形に組み上げる子どもらの姿が見られました。

 会場には「海の生き物に触れるブース」や「木のストラップをつくるブース」など長門市ならではのブースも出され、子どもたちは科学の魅力や面白さを体験していました。