ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 良質な音楽に触れる~日露交歓コンサート

良質な音楽に触れる~日露交歓コンサート

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月27日更新
ロシアの「チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院」の音楽家が演奏を披露

ロシアの「チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院」の音楽家が演奏を披露
日露交歓コンサートとして全国11地区20会場でコンサートが行われている
長門市で演奏を披露した7人の音楽家ら
市内の全中学校の生徒が招待され、演奏に拍手を送る
各学校の生徒代表から花束の贈呈

 9月27日(木曜日)、「日露交歓コンサート2018」がルネッサながとで開催され、市内の全中学校の生徒や市民ら約600人が会場を訪れました。

 これは公益社団法人国際音楽交流協会が主催し、今年で27回目を迎えるコンサートで「チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院」の教授や研修員、卒業生をはじめとした一流の国際的音楽家を招聘し、今年は全国11地区20会場で開催されています。山口県では9月26日(水曜日)の山口ゆめ花博会場とルネッサながとの2会場となります。

 コンサートは第一部と第二部の二部構成で行われ、ピアノやヴァイオリン、チェロの演奏やソプラノ、テノールの歌声が披露されました。また、アンコールでは「証城寺のたぬき囃子」「ふるさと」と日本の歌曲も披露され、「ふるさと」は会場に訪れた全員で歌うなど、盛り上がりを見せました。

 来場した仙崎中学校の大深蓮さんは「普段聞くことのできないコンサートなので、心に響き感動しました」と感想を話していました。