ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 人と仕事をつなぐハブ拠点施設へ~長門市しごとセンター開所式

人と仕事をつなぐハブ拠点施設へ~長門市しごとセンター開所式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月26日更新
長門市しごとセンターの看板を掲げる大西市長と岡藤理事長

長門市しごとセンターの看板を掲げる大西市長と岡藤理事長
「産官学労金がしっかり連携し、若い人が地元に残る仕組みづくりが重要」とあいさつする大西市長
コワーキングスペースやシェアオフィス、キャリア教育拠点室などを完備
「NPOつなぐの会員らとスクラムを組み、地元に根付いた施設としていきたい」と抱負を語る岡藤理事長
供用日は火曜日を除く週6日、供用時間は10時~22時(事前の申し出により22時以降も使用可能)

 9月26日(水曜日)、長門市が魅力ある「ひと」と「しごと」をつなぐハブ拠点施設として整備を進めてきた長門市しごとセンターが完成し、開所式が開催されました。

 長門市しごとセンターは生産年齢人口の定着と魅力ある地場産業の育成を支援することを目指し、市内産業の魅力発信や人材育成、創業支援などを行う目的で整備されました。

 開所式には市内の産官学労金の関係者ら約50人が参加。大西市長が「平成28年8月にヤマネ鉄工建設株式会社から寄贈を受け、仕事と人をつなぐハブ施設に改修し、若い人が地元に残る仕組みづくりを目指してきました。管理運営を行うNPO法人つなぐを中心に産官学労金がしっかり連携し、素晴らしい企業人、産業人がこの施設で育ってほしい」とあいさつ。管理運営を委託されたNPO法人つなぐの岡藤明史理事長は「未来の若者と魅力ある企業をつなぐ責任ある立場。会員のみなさんとスクラムを組んでしっかり地元に根付いた施設としていきたい」と抱負を述べました。

 長門市しごとセンターはコワーキングスペースやシェアオフィス、キャリア教育拠点施設、セミナールームなどを備え、管理運営するNPO法人つなぐにより、学生への魅力ある教育、企業の魅力の情報発信、創業支援などに活用されます。

 施設の概要は次のとおり

 長門市しごとセンター

  •  住所:長門市仙崎312番地1
  •  電話:0837-27-0360
  •  構造・床面積:鉄骨3階建 延床面積569.37平方メートル
  •  総工費:82,811千円
  •  施設内容
      1階 コワーキングスペース・ミーティングルーム・多目的室・事務室
      2階 シェアオフィス(大)・シェアオフィス(小)・シェアオフィス(共用)・キャリア教育拠点室
      3階 セミナールーム
  • 供用日:火曜日を除く週6日(ただし、12月29日から翌年1月3日までの期間を除く)
  • 供用時間:10時~22時(ただし、22時以降翌日の10時までは事前の申出により使用許可を得た場合に限り使用可)