ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ゴルフで優勝して日本一を

ゴルフで優勝して日本一を

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月19日更新
全国で10人しか出場できない全国大会への切符を手にした小田さん

全国で10人しか出場できない全国大会への切符を手にした小田さん
ドライバーで130ヤードを飛ばすことができるという
将来のプロゴルファーを目指して頑張ってほしいと大西市長
週1回のプロのレッスンや月2回大学ゴルフ部と練習ラウンドをこなす

 9月19日(水曜日)、「第13回LPGA全日本小学生ゴルフトーナメントinしらかわ」に出場する選手の激励会が、長門市役所市長室で行われました。

 全国大会に出場するのは、深川小学校3年の小田祐夕さんです。小田さんは、3歳からゴルフをはじめ、毎日室内練習場で練習するほか、朝5時の早朝練習などをしています。去る8月17日(金曜日)に、広島県福山市の松永カントリークラブで行われた「第12回谷原ジュニアクラシック」の1~3年生女性の部で優勝したことから、10人しか出場できない全国大会への切符を手にしました。

 激励会では、大西市長が「今回のゴルフトーナメントの出場を第一歩として、将来プロゴルファー目指して頑張ってほしい」と激励し、小田さんの優勝を祈って激励費を手渡しました。全国大会出場に向けて小田さんは「楽しんでプレーし、優勝を目指したい」と抱負を述べました。

 小田さんが出場する「第13回LPGA全日本小学生ゴルフトーナメントinしらかわ」は、10月6日(土曜日)から10月7日(日曜日)にかけて、福島県西白河郡矢吹町の矢吹ゴルフ倶楽部で行われます。また、小田さんは、メディアの取材も受けており、10月1日(月曜日)15時49分から「ちぐスマ!」でも佐藤けいアナウンサーとのゴルフ対決の様子が放映される予定です。

※番組内容は変更になる場合があります