ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 全国大会で自分の卓球を

全国大会で自分の卓球を

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月11日更新
卓球のシングルスとダブルスで全国大会に出場する山本有紀さん

卓球のシングルスとダブルスで全国大会に出場する山本有紀さん
一球でも一本でも自分の卓球ができるようにしたいと意気込みを述べた
仕事が終わってからも練習に励むという
全国大会では良い友人を作ってほしいと大西市長

 第52回全日本社会人卓球選手権大会に出場者の激励会が、9月11日(火曜日)、長門市役所で行われました。

 今回、第52回全日本社会人卓球選手権大会に出場するのは、油谷新別名の山本有紀さんです。山本有紀さんは、小学4年生から友人の誘いで卓球を始め、社会人になってからも市内卓球クラブで週2回練習しています。この度、7月8日(日曜日)に山陽小野田市で行われた山口県予選で、女子シングルス2位、女子ダブルス1位の優秀な成績をおさめたことから全国出場が決定しました。

 激励会では、大西市長が、「仕事が終わってからも練習を積み重ねた結果が、花開いたと思う。ぜひ良い結果が出せるよう体調を整えて大会に臨んで欲しい」と激励しました。全国大会出場に向けて山本有紀さんは、「社会人として、1球でも1本でも自分の卓球が出来るよう全力で戦い抜き、自分の満足のいく全国大会にできたらと思います」と話しました。

 なお、第52回全日本社会人卓球選手権大会は、平成30年9月15日(土曜日)から9月17日(月曜日)にかけて、徳島県鳴門市のアミノバリューホールで開催されます。