ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > まちづくりの将来像が徐々に具現化~第5回長門湯本温泉観光まちづくり推進会議

まちづくりの将来像が徐々に具現化~第5回長門湯本温泉観光まちづくり推進会議

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月6日更新
観光まちづくりの方向を決める推進会議が開催

観光まちづくりの方向を決める推進会議が開催
星野リゾートの星野代表などが出席し、意見を述べた
推進会議後に行われた記者発表で新しい恩湯施設等の進捗状況を報告する大谷和弘さん
星野リゾートが運営する「界」の概要について語る星野代表
「界 長門」のイメージ図(星野リゾート提供)

  9月6日(木曜日)、「第5回長門湯本温泉観光まちづくり推進会議」が市役所で開催され、大西市長や星野リゾート星野佳路代表ら10人の委員が出席しました。

 長門市では長門湯本温泉の温泉街再生に向けた取組を進めており、平成28年8月に「長門湯本温泉観光まちづくり計画」を策定。長門湯本温泉観光まちづくり推進会議は、その計画を進めるための意思決定機関として市長や地域住民、観光関係者、有識者らで組織されています。

 会議では、報告事項として民間投資を促進する取組「長門湯本温泉事業者オーディション」の実施状況や恩湯等施設整備・運営事業の進捗状況、公共空間設計などについて報告があり、続いて温泉エリアの交通計画の骨子案や景観形成に係る官民による法的拘束力、温泉街全体の維持管理・運営の方法について話し合われ、観光まちづくりの方向性が協議されました。

 また、推進会議終了後には記者発表が行われ、大西市長から長門湯本温泉観光まちづくり整備事業の進捗について、長門湯守株式会社の大谷和弘代表取締役から恩湯等施設整備・運営事業の進捗状況、長門湯本オソト活用協議会の事業会員である伊藤就一さんから温泉街の河川や道路といった公共空間の活用についての報告が、最後に星野リゾートの星野佳路代表から温泉旅館「星野リゾート 界 長門」の着工について発表がありました。「星野リゾート 界 長門」は2020年3月に開業予定で、地上4階建て、客室数が本館30室、別館10室の計40室となっており、宿泊客が温泉街に積極的に出ていく工夫や宿泊客以外の観光客が利用できる施設を併設し、温泉街のそぞろ歩きが楽しめるような飲食などの提供も計画されています。

 記者発表で大西市長は「温泉地ランキングトップ10入りに向け、着実に前進している」と述べ、星野リゾートの星野代表は「温泉街の一員として一緒に地域を盛り上げていく体制ができていることが界 長門の特徴であり、インバウンドで成長できる温泉街も目指していきたい」と述べました。