ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 全日本ラージボール卓球選手権に2名が出場!

全日本ラージボール卓球選手権に2名が出場!

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月18日更新
全国大会に出場する小野純司さん(右)、村岡良子さん(左)

全国大会に出場する小野純司さん(右)、村岡良子さん(左)
2人はHEKIクラブに所属し、腕を磨き続けている
週3日三隅と日置で練習するという村岡さん。健康保持と仲間とのふれあいを魅力に感じている
ラージボール卓球の魅力を「硬式に比べ奥が深く、スマッシュの時が気持ちいい」と小野さん

 6月18日(月曜日)、「平成30年度全日本ラージボール卓球選手権」に出場する小野純司さん(東深川)と村岡良子さん(三隅中村)の全国大会出場激励会が、長門市役所市長室にて行われました。

 両名は、4月1日(日曜日)に山陽小野田市で開催された「全日本ラージボール卓球選手権山口県予選」に出場し、小野純司さんが男子40シングルスと混合ダブルス100の部で優勝。また村岡良子さんが女子シングルスで2位を果たし、全国大会出場を決めました。

 激励会では、大西市長は「長門市は健康寿命の延伸を第1に掲げています。お二人は、長門市のお手本となる存在。健康のためには、スポーツが一番良いということを是非示して欲しい」と激励。二人に激励費と記念品のシャツが手渡されました。激励に対し、小野純司さんは、「強い方ばかりだと思うが一戦一戦集中していきたい」また村岡良子さんは、「他県の選手の素晴らしいプレーに圧倒されがちだが、しっかりとくいついていきたい」とそれぞれ意気込みを語りました。

 「平成30年度全日本ラージボール卓球選手権」は、6月22日(金曜日)から6月24日(日曜日)にかけて、大分県別府市別府総合体育館において行われます。