ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 第61回中国高等学校ラグビーフットボール大会大津緑洋高ラグビー部が3位!

第61回中国高等学校ラグビーフットボール大会大津緑洋高ラグビー部が3位!

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月11日更新
石見智翠館高(島根)の強固なディフェンスに阻まれながらも、前に進む大津緑洋高

石見智翠館高(島根)の強固なディフェンスに阻まれながらも、前に進む大津緑洋高
一瞬一瞬に高度な判断を要求される
互いの動きを確認し、勝利に向けた策を練る
相手チームの猛攻を、渾身の力で食い止める
強豪校との対戦により、秋につながる大きな経験を得た大津緑洋高ラグビー部

   5月12日(土曜日)、第61回中国高等学校ラグビーフットボール大会が、山口市の維新百年記念公園ラグビー・サッカー場、補助陸上競技場で開催されました。

 長門市からは、4月22日(日曜日)に開催された同山口県予選大会で17年ぶり優勝を果たし、山口県代表となった大津緑洋高校が出場しました。一回戦の相手は、全国高校ラグビーフットボール大会(花園)に現在26大会連続で出場しており、ベスト4経験もある島根県代表石見智翠館高校となりました。 

  14時00分にキックオフが行われ、序盤、大津緑洋高は持ち前のボールを大きく動かす攻撃で、石見智翠館高の守備の間をつき、ゴールライン際まで詰め寄り善戦しますが、石見智翠館高の守備は厚く、バックス陣の果敢な攻撃も封じ込まれてしまいます。23分に石見智翠館高が動き、大津緑洋高のゴールライン付近から、一気に石見智翠館高のゴールラインまで走り込み1トライ1ゴールをすると、その後も4トライ2ゴール(0-31)を決め前半戦を終了しました。後半戦に入っても、石見智翠館高の攻撃の手は止まず5トライ3ゴール(0-62)を決められ、ノーサイドとなりました。

  5月13日(日曜日)にも、同補助陸上競技場にて岡山県代表の倉敷工業との3位決定戦が行われました。大津緑洋高は、序盤15分、21分に2連続トライ1ゴール(12-0)を決めリードするものの、前半終了間際に2トライ2ゴール(12-14)を決められ逆転されます。しかし、後半戦から奮起し、4トライ1ゴール(34-14)を決め、中国大会3位になりました。今大会で全国レベルの相手から貴重な経験を得て、秋の花園出場に必ず繋げていくとのことです。

試合結果

5月12日(土曜日) 1回戦

大津緑洋(山口)0-62○石見智翠館(島根)

5月13日(日曜日) 3位決定戦

〇大津緑洋(山口)34-14倉敷工業(岡山)