ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > みすゞ通りににぎわいを~仙崎通り町 蚤の市~

みすゞ通りににぎわいを~仙崎通り町 蚤の市~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月22日更新
ベンチづくりのワークショップでペンキを塗る子どもたち

ベンチづくりのワークショップでペンキを塗る子どもたち
フリーマーケットではいろいろなものが安く販売され、たくさんのお客さんが訪れた
めったにできない漆喰塗り体験
会場の一角にはお菓子釣りのコーナーが設置された
テーブル再生ワークではカンナがけなどが実演された

 11月22日(日曜日)、仙崎みすゞ通りの広場で通り町蚤の市が開催されました。

 このイベントは、10月に設立された仙崎通り町協議会が主催する初のイベントで、漆喰塗りやテーブル・ベンチづくりのワークショップのほか、フリーマーケットや飲食ブースなどが設けられ、連休の中日とあって地元の人を中心に多くの人でにぎわいました。

 漆喰塗りでは古民家の壁に子どもたちが、コテを使ってのびのびと漆喰を塗っていました。ベンチづくりでは大工さんが丁寧に指導しながら作業を行いました。フリーマーケットには自作のアクセサリーやはんこ、古着、食器などの販売があり、飲食ブースでは、カレーや塩からあげ、鯛ずし、だんご、自家焙煎コーヒーなどの店が出店しました。

 また、新型コロナウイルス感染症予防として、アルコール消毒液の設置や検温検査が行われ、検温の確認が済んだ人はリストバンドを着用するなど対策が取られました。

 イベントを主催した仙崎通り町協議会副会長で通り部会部会長の福永篤史さんは、「たくさんの人に来ていただき、安心した。通り町協議会の活動を地元の人にもっと知ってもらいたい。メンバーがアイデアを出し合うことで、素人ならではの自由で面白い発想が生まれるのでは。これからの仙崎をみんなで考えて作っていきたい。」と話しました。

 仙崎通り町協議会では、今後メンバーをつのり、イベントの開催などを企画していきたいということです。