ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 三隅でハーブを愉しむ

三隅でハーブを愉しむ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月14日更新
人気を集めたハーブの摘み取り

人気を集めたハーブの摘み取り
木工アートに挑戦
ハーブカフェには来場者の列が
ハーブ園ではスケッチする子どもの姿も
ハーブに囲まれ、癒しのひとときを送る来場者
 6月14日(日)、三隅の香月泰男美術館横のふれあい広場一帯を会場に、「みすみハーブを愉しむ日」が開催されました。 会場では、ハーブグッズやハーブと花の苗、新鮮野菜などの販売、焼きそばや焼き鳥などのバザーが開かれました。また、カフェコーナーでハーブティーやお菓子を味わったり、スタンプラリーや木工アートに挑戦してみたりと、ハーブの香りが舞う会場で、多くの来場者がイベントを楽しみました。 隣接するハーブ園では、20本100円で行われたハーブの摘み取りが人気を集め、また、ハーブをスケッチする来場者の姿も見られました。香月泰男美術館のロビーでは、昨年度に描かれたハーブのスケッチ展が行われ、来館者を出迎えていました。