ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 蛍のふる里まつり

蛍のふる里まつり

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月13日更新
来場者でいっぱいの会場

来場者でいっぱいの会場
臨時列車は満席
蛍が目の前を飛ぶ
会場はjr渋木駅周辺
会場を盛り上げたライブのようす
 おとずれ川沿いの市道を散策しながら手の届く近さでゲンジボタルの乱舞を鑑賞できるイベントとして7回目の開催となった「蛍のふる里まつり」が6月13日(土)、jr渋木駅周辺で行われました。会場には来場者をおもてなししようと、地元の人たちが運営するやきとり、やきそば、うどん、たこ焼きなどを販売する店が並び、まつりの開始と同時に買い求める人たちで長い列ができました。また、メインのステージでは、生演奏によるライブや蛍の生育教室が行われました。  このイベントのための臨時列車も運行され、列車いっぱいのお客さんが美祢線を利用しました。  辺りが暗くなると蛍の鑑賞が始まり、来場者は飛び回る蛍の光を楽しんでいました。また、蛍鑑賞ではスタンプラリーも行われました。