ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > しゃくなげ園で花がら摘み

しゃくなげ園で花がら摘み

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月31日更新
約2時間、子どもたちも作業に励む

約2時間、子どもたちも作業に励む
花がらの摘み方を説明する園主の金川さん
約90人の参加者が花がらを摘む
作業終了後にはおにぎりが配られた
最後に記念撮影
 5月31日(日)、俵山のしゃくなげ園で花がら摘みが行われました。 園内には約3万本のしゃくなげが植えられており、花がらを落とさなければ次年度の咲きが悪くなることから、この作業は毎年この時期にボランティアの手で行われています。この日は、npo法人ゆうゆうグリーン俵山の呼びかけにより、約90人が参加しました。このうち半数以上が地区内からの参加で、また下関市立大学の学生など地区外からの参加もありました。 はじめに、園主の金川鐵夫さんが「今日は周りの方と交流しながら、楽しく作業に励んでください」とあいさつを行い、あわせて、新芽の生えている方向には花がらを折らないことなど、摘み方を説明しました。 その後、約2時間の作業が行われ、終了後には参加者に俵山産のお米で作られたおにぎりなどが配られました。