ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 中国地方の道路整備促進を

中国地方の道路整備促進を

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月26日更新
総会のようす

総会のようす
議長を務めた大西市長
議案を確認する出席者
尾藤中国地方整備局長へ提言書が手渡される
講演のようす
 5月26日(火)、大谷山荘で平成27年度中国国道協会総会が開催されました。 この会は、中国地方の道路整備を促進することを目的につくられたもので、会員である中国5県の市町村長など関係者約60人が総会に出席しました。 総会では、大西市長が同会の会長として「昨年度は中央要望、総決起大会を実施し、中国地方の道路の実情を訴えてきました。今後も、老朽化の進む道路ストックの整備促進に向けて活動していきましょう」とあいさつしました。 その後、同会の26年度事業、決算について審議され、いずれも承認されました。続いて、27年度事業計画や予算が審議され、今年度も引き続き要望活動や総決起大会などを行うことが決定しました。また、通学路の安全対策、道路ストックの長寿命化や地域経済の振興を図る施策などの推進を求める内容の提言書が、大西市長から尾藤勇中国地方整備局長へ手渡されました。 総会後には、「中国地方の道路を考える会」として、国土交通省による講演の後に、道路行政に関わる意見交換が行われました。