ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 第42回清風柔道大会

第42回清風柔道大会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月10日更新
三宅晶斗選手(日置)と松本燎選手(清風)による選手宣誓

三宅晶斗選手(日置)と松本燎選手(清風)による選手宣誓
熱戦が繰り広げられる中学生の部
素早い動きで技をかけあう小学生の部
女子選手も気迫あふれる試合を見せた
個人戦は会場を5箇所に分けて進められた
 5月10日(日)、ながと総合体育館で「第42回清風柔道大会」が開催されました。 この大会は、長門市柔道協会の主催で、市内外から26団体約340人が参加し行われました。 開会式では、長門市柔道協会の田邊英雄会長が「努力すればできると信じてがんばってください」とあいさつつ。続いて、来賓として出席した磯部副市長が「試合でしか味わえない緊張感を楽しみ、次の試合への糧としてください」と述べました。その後、三宅晶斗選手(日置柔道スポーツ少年団)と松本燎選手(清風柔道スポーツ少年団)による選手宣誓が行われました。 試合は、個人戦の部と団体戦の部が行われ、選手らは日頃の稽古の成果を競いました。  なお、長門市出身選手の主な成績は次のとおりです。〈個人戦〉小学男子1年の部 3位 津田斗真(清風柔道スポ少)小学男子1年の部 3位 森永唯月(日置柔道スポ少)中学男子1年の部 3位 佐藤銀河(清風柔道スポ少)中学男子3年の部 3位 古田智也(清風柔道スポ少)