ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > みなと&深川げんきまつり

みなと&深川げんきまつり

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月3日更新
大勢の人で賑わう会場

大勢の人で賑わう会場
あいさつする小林理事長
餅つきに子どもが挑戦
地元住民によるバザーも好評
大勢の人が参加した餅まきのようす
 深川地区を元気にしようと、5月3日(土)第2回「みなと&深川げんきまつり」が山口県漁協湊支店市場で開催されました。  この日はあいにくの雨模様となりましたが、会場内に出店したフリーマーケットや焼き鳥、弁当、魚、野菜、たこ焼きなどのバザーには開始と同時に列ができました。また、つきたての餅の販売も行われました。  会場内には、消防署による防災グッズの展示やミニ消防車の試乗も行われ、来場した子どもたちの人気を集めていました。  お昼前に行われた餅まきの頃には天候も回復し、大勢の人が参加しました。  主催したnpoまちづくりnet深川の小林武人理事長は、「今回で2回目の開催となりました。毎年開催を重ねていくことで長門が元気になるように続けていきたいと思います。また、このようなまちづくりの輪を広げていきたいと考えています」と話しました。