ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 高校総体の成功に向けて

高校総体の成功に向けて

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月23日更新
大西市長は「市をあげておもてなしを」とあいさつ

大西市長は「市をあげておもてなしを」とあいさつ
議事が進められる
廣中公夫副会長に委嘱状が交付される
空手道のプロモーションムービーを視聴
 4月23日(木)、長門市物産観光センター会議室で、平成28年度全国高等学校総合体育大会長門市実行委員会設立総会及び第1回総会が開催されました。 これは、平成28年度に予定されている中国総体において、山口県で6種目(県内9市が会場)、長門市では空手道の開催が決定したことを受け、大会の成功に向けて実行委員会を設立するものです。この日は、役員、委員ら約30人が出席しました。 開催にあたって、大西市長は「高校生に長門を知ってもらい、また行ってみたいと思われるように、市をあげておもてなしをしていきましょう」とあいさつしました。 設立総会では、大会の概要報告、設立趣旨や会則などについての議事が進められ、その後役員・委員を代表して、廣中公夫副会長へ委嘱状が交付されました。続いて、第1回総会が行われ、基本方針や事業計画、収支予算などが審議され、いずれも可決されました。 今後はまず、リハーサル大会として平成27年6月19日~22日にながと総合体育館で開催される「第31回中国高等学校空手道選手権大会」に向け、準備を進めていくとのことです。