ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 釣りを楽しむ仲間で清掃

釣りを楽しむ仲間で清掃

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月19日更新
参加者で記念写真

参加者で記念写真
大きなごみは2人がかりで
当日はあいにくの雨
海岸から離れたところにまでごみが
長州つりんぐクラブのtシャツ
 釣りを楽しむ仲間で海岸をきれいにしようと、4月19日(日)通8区の海岸で清掃活動行なわれました。活動を行ったのは、通地区などで釣りを楽しんでいる「長州つりんぐクラブ」のメンバー13人です。あいにくの小雨の降るなか、通8区の海岸に打ち寄せられたり捨てられたペットボトル、漁具、発泡スチロールを集めていました。日本海に面している現場は、かなり山側までごみが飛ばされており、参加者は海岸から山に向かって移動し、汗を拭きながら作業しました。  約1時間で作業を終了し、釣りマナーの向上を訴えるチラシを配布することにしていましたが、天候の悪化と釣り客がいないことからチラシ配布は中止しました。  用意されたチラシには、ごみを持ち帰ること、タバコのポイ捨ての禁止、えさやイカスミで汚れた場合は水で洗い流すこと、漁港に停泊している船に勝手に乗らないこと、立ち入り禁止区域に入らないことなどが記載されていました。  この日集められたごみの量は軽トラック2台分。長州つりんぐクラブでは、秋にも再びごみ拾いとマナー向上啓発活動を行なう予定にしているとのことです。