ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 仙崎中学校で立志式

仙崎中学校で立志式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月14日更新
ろうそくを掲げ、誓いを述べる

ろうそくを掲げ、誓いを述べる
14歳となる2年生が誓いの言葉
力強い声で誓う
生徒を激励する山近校長
論語を朗唱
 2月14日(土)、仙崎中学校で第2回立志式が行われました。 この立志式は、古くから伝わる「元服」にちなんで、14歳を迎える年に志を立て、大人への心構えをするために行われるものです。 この日、保護者や先生、在校生の見守る中、誓いの言葉を壇上で述べたのは、2年生44人です。生徒は、親火から火を移したろうそくを掲げて、「自分の信じた道を突き進む」や「何事にも挑戦する強い心を持つ」「努力を惜しまず、最後までやり遂げる」など大きな声で誓いを述べました。 生徒全員の誓いの言葉を聞いた山近校長は「この日を境により大きく成長し、地域や社会に貢献できる人になってください」と激励しました。 子どもの誓いの言葉を聞いた保護者は「子どもの成長を感じることができた」と感想を述べました。