ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 長門地方卸売市場で初セリ

長門地方卸売市場で初セリ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月5日更新
セリのようす

セリのようす
あいさつする小田組合長
大西市長もあいさつ
今年初のセリ
新鮮な長門の野菜がここから
; color: #141824 今年初の長門地方卸売市場でのセリが1月5日(月)、開かれました。初セリ式では長門大津農業協同組合の小田保男組合長があいさつに立ち、「増税で売り上げが伸び悩んでいるが、農協としては地域の特性にあった農業を進めていくこととしています。また、市場には地産地消を進めていく上で大きな役割があり、農協として守っていきたいと思っていますのでよろしくお願いします」と述べました。 ; color: #141824 また、来賓の大西市長は、「第一次産業が元気にならないと長門市も元気にならないと思っています。農家の所得向上を目指し成長戦略行動計画に従って取り組みを進めているところですが、同時に商業振興についてもしっかり取り組んでいきたいと考えています。長門の野菜が高値で取り引きされるようにしていければ」とあいさつしました。 ; color: #141824 その後、全員で乾杯し、今年1年の豊作と繁盛を祈りました。 ; color: #141824 セリが始まると、カブやトマト、ホウレンソウ、キヤベツ、ネギ、キュウリなどが次々競り落とされていました。