ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 仙崎市場で初競り

仙崎市場で初競り

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月5日更新
競りのようす

競りのようす
藤田運営委員長のあいさつ
あいさつをする大西市長
初競り式
威勢のいい声が市場内に響く
 1月5日(月)未明、仙崎市場で初競りが行われました。 初セリに先立ち、藤田昭夫山口県漁協長門統括支店運営委員長が「水産資源の減少や漁業者の高齢化、後継者不足など厳しい状況にあります。今年は、生産者や仲買人など関係者一体となって数量・金額を増加させて水産のまち仙崎の元気を取り戻し、長門を元気にしていきましょう」とあいさつしました。 続いて来賓としてあいさつに立った大西市長が「仙崎市場が元気になる取り組みを行っていくとともに道の駅計画を進め、仙崎漁協のにぎわいを取り戻したい」と述べました。 あいさつの後、藤田運営委員長による初競りで今年の競りが始まり、新鮮な魚や貝などが次々に競り落とされていきました。