ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 認知症を学ぶ

認知症を学ぶ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月14日更新
講演のようす

講演のようす
医療法人和栄会原田医院副院長原田和佳さん
ユーモアを交えた講演に会場は笑い声に包まれた
 12月14日(日)、長門市中央公民館大講堂で長門市認知症市民公開講座が行われました。 これは、認知症について、正しい知識と理解を深めてもらおうと長門市が主催したもので、約150人が出席しました。 この日行われた講座では、医療法人和栄会原田医院副院長原田和佳さんが「レビー小体型認知症の早期発見から対応まで」と題して講演を行いました。講演で原田さんは、レビー小体型認知症の精神症状や身体症状などを分かりやすく話し、ケアの方法や薬物療法について丁寧に説明しました。講演の最後には「認知症と向き合うことが大切です。悲観しないで笑顔を絶やさず、認知症を恐れないでほしい」と呼びかけました。 なお、長門市地域包括支援センターでは、来年2月20日(金)に認知症相談会を開催する予定です。相談は予約制で、長門市保健センターにおいて14時から16時まで行います。申し込み・問い合わせは、長門市地域包括支援センター(℡0837-23-1244)までお願いします。