ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 村上賢一写真展シリーズ1

村上賢一写真展シリーズ1

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月17日更新
展示作品1

展示作品1
展示作品2
展示作品3
 11月17日(月)、ながと歴史民俗資料室で企画展「村上賢一写真展シリーズ1」が始まりました。 村上賢一さんは宇部市出身で、戦後長門市駅前で写真店「吉田フォトサービス」を営んでいた写真家です。村上さんは戦後約40年間、郷土の風景を中心に900余点の作品を残しています。 作品展では、湯本・渋木・俵山地区の風景など写真40点が展示されています。 なお、平成28年が村上さんの没後30年にあたることから、今年度から順次、シリーズで作品を展示していくということです。