ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 安全なバスで観光を

安全なバスで観光を

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月30日更新
ドライバーの目や顔の動きを感知するセンサーをスピードメーター上部に装備

ドライバーの目や顔の動きを感知するセンサーをスピードメーター上部に装備
車体前方には、ミリ波レーダーを装備。さまざまなセンサーでバスの動きを感知する
これが車体前方のミリ波レーダー(中央の黒い部分)
 10月30日(木)、市内で観光バスを運行している会社が、山口県初の衝突被害軽減システム(ドライバーズモニター)を搭載したバスを導入し、その披露を行いました。  これまでも観光バスにはドライバーの負担軽減による安全運行のため、追突防止装置や車線逸脱警報装置、車両ふらつき警報や車両安定制御システムが導入されてきましたが、この度導入された車両には、これに加えてドライバーズモニターが装備されています。このモニターは、ドライバーの目の動きをセンサーによって感知。よそ見や目を閉じた状態が一定時間続くとドライバーに警報を鳴らし、それでも追突などの危険が迫った場合には減速する仕組みとなっています。  導入したバスは観光に使われるということで、導入した会社は、「お客さんの安全のために導入しました。安全で安心な旅行が楽しめるようこれからも取り組んでいきたいと思います」とコメントしました。