ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 新しいポンプ車が配備

新しいポンプ車が配備

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月28日更新
配備された消防ポンプ車と深川北分団第1部隊の団員

配備された消防ポンプ車と深川北分団第1部隊の団員
入江団長から鍵が手渡される
団員を前にあいさつをする入江団長
 10月28日(火)、長門市消防本部前駐車場で長門市消防団消防ポンプ自動車(cd−1)の配備式が行われました。 今回配備された車両は、深川北分団第1部隊の使用する昭和63年登録の消防ポンプ車が老朽化により消防団活動に支障を来す恐れがあるため更新されました。 この車両の総排気量は4.000リットルで、乗車定員が6人、車両総重量が4440kgです。 配備式では、入江団長が「今までの車両とは操作方法が違うが、一人ひとりがしっかり訓練して迅速、安全、確実に操作してください」とあいさつをしました。