ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 市長・消防団長が激励

市長・消防団長が激励

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月12日更新
訓練の成果を披露

訓練の成果を披露
出場する2消防団の団員の皆さん
練習では好タイムが出ているとのこと
市長へ訓練を報告
 9月11日(木)、旧大畑小学校グラウンドで、第61回山口県消防操法大会出場部隊市長・団長激励会が開催されました。小型ポンプ操法の部に長門市消防団通分団第2部隊が、ポンプ車操法の部に三隅第3分団豊原部隊が出場予定で、これまでの練習の成果を市長・消防団長に披露しました。  一連の操法の訓練状況を確認した大西市長は、「災害時には、皆さんの活動が市民のよりどころになります。今年は天候が不順で練習に支障があったと思いますが、長門市消防団の心意気を、また練習の成果をしっかり示してください」と激励しました。  また、入江寛消防団長は、「それぞれが仕事をされる中、練習に取り組まれ、頭が下がる思いです。大会まであと約10日、最後までしっかり練習し、良い成績を期待しています」と激励のあいさつをしました。  大会は、9月20日(土)に山口県消防学校で開催されます。