ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > モザイク画をリニューアル

モザイク画をリニューアル

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月1日更新
リニューアルされたモザイク画

リニューアルされたモザイク画
あいさつする倉本実行委員長
最後の1ピースを矢崎節夫金子みすゞ記念館長が取り付ける
アプリと動画の視聴の方法
みすゞ燦参sun実行委員会のみなさん
 8月31日(日)、仙崎の金子みすゞ記念館前に設置してある金子みすゞのモザイク画のリニューアルが行われ、その完成式が行われました。これは、長門商工会議所青年部が中心の「みすゞ燦参sun実行委員会」が行ったもので、平成15年に完成したものを平成19年に補修。しかし劣化が激しく傷みも大きくなってきたことから、今年、詩とデザインを一新しリニューアルしたものです。  大きさは縦3.5m、横8mで、前回同様、かまぼこ板を利用して制作されています。枚数は7400枚で、寒色系だったものから今回は暖色系に変更され、スマートフォンなどによって動画が視聴可能なしくみも取り入れられています。  動画は、金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」をモチーフにしたもので、モザイク画の横に設置されたqrコードを読み込み、必要なアプリをダウンロードすると視聴が可能です。  倉本実行委員長は、「みすゞの心は、伝わっていくものであり、今後とも県内はもちろん県外や世界につたえていくことを誓いたい」と話しました。