ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 夏休みこども未来塾

夏休みこども未来塾

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月23日更新
アート作品を作る参加者

アート作品を作る参加者
坂倉先生に指導を受けながら作品を作る
昼食は国王特性のカレー
宿題を見てもらう参加者
クイズ大会のようす
 8月23日(土)、青海島共和国で夏休みこども未来塾 in 青海島共和国が開催されました。 これは、小学生の夏休みの宿題の手助けをしようと地域活動団体「青海島共和国」が企画したものです。 この日参加したのは小学生7人。参加者は、香月泰男美術館初代館長でもある坂倉秀典さんの指導のもと、青海島に漂着した流木等を使ってアート作品を作成しました。昼食で青海島共和国国王の特製カレーを味わった参加者は午後から、夏休みの宿題でわからない問題を教師を退職した先生や青海島地域おこし協力隊の河村さんなどに優しく指導を受けました。 また、課外授業として青海島の文化や地理、歴史に関するクイズ大会が行われ、参加者は思い出に残る夏休みの一日を過ごしました。