ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 楫取素彦について学ぶ

楫取素彦について学ぶ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月21日更新
講師の池信氏

講師の池信氏
「大河ドラマを地域の活性化に」と大西市長
100人を超える市職員が参加
; color: #252525color: #000000  color: #0000008color: #000000月20color: #000000日(水)、長門商工会議所会議室で、来年のnhk大河ドラマ「花燃ゆ」に関する市職員を対象とした研修会が行われました。これは、「花燃ゆ」の主人公 文(ふみ)の夫となる小田村伊之助(楫取素彦)が先妻で文の姉 寿(ひさ)と三隅二条窪地区で隠棲していたことから、この事実を活かして交流人口の増加につなげようと取り組んでいる中で、市職員として知識や認識を深めようと、市役所内の関係部署の職員で構成されるnhk大河ドラマ放映庁内連絡会議が主催したものです。この日は業務を終えた100人を超える市職員が参加しました。 ; color: #252525 講師は、三隅地区の極楽寺住職 池信秀見氏が務めました。演題は「『花燃ゆ』と長門市の関係」で、楫取夫妻がなぜ三隅にやってきたのか、時代背景や当時の長州藩の政治体制、三隅地区の状況などをわかりやすく説明しました。また、楫取素彦の生涯についても、三隅地区の先賢 村田清風や藩主毛利敬親、吉田松陰との出会いなどについて講演しました。 ; color: #252525 参加した市職員は、メモを取りながら講演を聞き、認識を深めていました。