ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > わんぱく相撲で全国へ

わんぱく相撲で全国へ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月28日更新
わんぱく相撲へ出場する選手ら。左から前川長門青年会議所理事長、上田くん、大西市長、中谷くん、千々和くん

わんぱく相撲へ出場する選手ら。左から前川長門青年会議所理事長、上田くん、大西市長、中谷くん、千々和くん
激励の言葉を贈る大西市長
tシャツが贈られた
激励会のようす
決意を述べる選手
 7月28日(月)、長門市役所でわんぱく相撲全国大会に出場する選手の激励会が行われました。 全国大会に出場するのは、美祢市立麦川小学校4年の千々和徳成くん、油谷小学校5年の中谷太星くん、深川小学校6年の上田久祥くんです。小学生力士の3人は、5月11日(日)に開催された第21回わんぱく相撲長門場所で優勝し、全国大会出場の切符を手にしました。 激励会では大西市長が「長門市の代表として頑張ってほしい。貴重な経験を将来に役立ててください」とエールを贈り、3選手にそれぞれ観光prティーシャツを手渡しました。これに対して大会に出場する選手は「全力を尽くして必ず1勝したい」「去年よりいい成績が出るように頑張りたい」と決意を述べました。また、選手を指導する(公社)長門青年会議所の清水さんは「それぞれが自分の相撲をとってくれれば1勝は必ずできる」と選手を激励しました。 なお、第30回わんぱく相撲全国大会は、8月2日(土)3日(日)に両国国技館で開催されます。大会期間中、選手らは東京都江東区にある尾車部屋で宿泊し、部屋の力士やライバル選手と交流を図るということです。