ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 大津緑洋ラグビー部が出発

大津緑洋ラグビー部が出発

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月17日更新
握手をして選手を激励する大西市長

握手をして選手を激励する大西市長
激励の言葉を贈る
選手を代表してあいさつする山根主将
三輪議長による勝利を祈願する万歳三唱
出発する選手に手を振る
 7月17日(木)、アシックスカップ2014第1回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会に出場する大津緑洋高校ラグビー部の出発式が市役所南側玄関前でありました。 出発式では、はじめに大西市長が「皆さんの活躍が市民の励みとなる。市をあげて応援していますので大会では大津旋風を巻き起こしてきて欲しい」と激励しました。 続いて、大津緑洋高校ラグビー部の山根陵主将が「厳しい戦いが予想されるが、感謝の気持ちを忘れずに日本一を目指したい」と決意を述べました。また、磯部監督が「強豪ばかりだがチャンスはある。秋の大会に向けて勢いをつけたい。いってきます」と意気込みを語りました。 出発式の後、選手らは保護者や学校関係者、市職員などに見送られながら長野県上田市菅平高原へ向け出発しました。 なお、大会は今月19日から21日の期間で行われ、大津緑洋高校は本郷高等学校(東京都)と京都府立洛北高等学校(京都府)の両校と予選リーグを戦います。