ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 7人制高校ラグビー全国大会へ

7人制高校ラグビー全国大会へ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月15日更新
出場する選手たち

出場する選手たち
出場する選手を拍手で出迎える
一人ひとり選手が紹介される
清水校長(左)が激励
大会での意気込みを話す山根主将
 7月15日(火)、大津緑洋高校大津校舎体育館で、アシックスカップ2014第1回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会に出場する選手の壮行式が行われました。  大津校舎約340人が出席した壮行式では、まず出場する選手の紹介が行われました。続いて清水利宏校長が「7人制のラグビーは15人制以上のスピードが求められ、肉体的にも精神的にも厳しいと思うが、これを楽しさにかえて、大津緑洋高校らしいチーム力と早さで戦ってきてほしい」と激励しました。  これに対して、主将の山根陵さんが「7人制は1人1人のスペースが広く、とても大変な競技だが、今まで練習してきた成果を出し切って、山口県の代表として優勝を目指します」とあいさつをしました。  式が終わるとさっそく練習が始まり、選手たちは真剣な表情で取り組んでいました。  なお、選手は17日9時35分に長門市役所前で壮行会を行い出発します。大会は7月19日から長野県上田市の菅平高原 サニアパークで開会し、大津緑洋高校はこの日東京の本郷高校、京都の洛北高校と対戦します。