ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 平和への願いを込めて

平和への願いを込めて

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月14日更新
平和を願って鐘をつく

平和を願って鐘をつく
会場は楽桟敷
グルーポ長門によるアンデス音楽が披露された
楽々団はリズミカルな演奏を披露
来場者全員が鐘をついた
 7月11日(金)、東深川の赤崎神社楽桟敷で、第8回平和の鐘を鳴らそうin長門が開催されました。これは、音により「平和への祈りと願い」を表現し、一般の人々が「平和」について考えるきっかけを作ることを目的に、長門ユネスコ協会が毎年開催しているものです。今年は深川小学校に保管されている梵鐘が使われました。  開会行事では、全員で平和への祈りを込めて黙祷を行いました。続いて深川小学校6年生により、「beleve」と「世界が一つになるまで」の2曲が披露されました。児童らは修学旅行で広島を訪れ、平和の大切さを学びました。そこでの思いを歌に込めて歌いました。  また、槇田健氏によるギター演奏やグルーポ長門によるアンデス音楽、地元バンドの楽々団による演奏が行われました。  そして、最後に平和な暮らしを願って来場者全員で順番に鐘をつきました。会場にはろうそくによる竹灯籠も点火され、ほのかな明るさの中、鐘の音が響き渡りました。