ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 全国大会出場激励会

全国大会出場激励会

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月7日更新
記念撮影をする選手と大西市長

記念撮影をする選手と大西市長
選手を激励する大西市長
激励費と長門市とネームの入ったprシャツが手渡された
激励会のようす
 7月7日(月)、全国大会出場激励会が長門市役所で行われました。 全国大会に出場するのは、アシックスカップ2014第1回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会7に出場する大津緑洋高校ラグビー部のメンバー12人です。 7人制ラグビーは、2016年のリオデジャネイロオリンピックから男女とも正式種目に採用されました。初開催となった今大会は、(公財)日本ラグビーフットボール協会の主催で7人制ラグビーの強化と普及、優秀選手を発掘しようと開催されます。 激励会でははじめに大西市長が「花園では大きな感動をいただいた。今大会でも素晴らしい試合展開を見せてほしい。また、全国にいる良い選手のプレーを盗み、花園につなげてください」と激励の言葉を述べました。 これに対して激励費を受け取った山根陵主将が「県予選では専門的に練習してきたので落ち着いてプレーできた。県代表としてのプライドを持って全国制覇を目指したい」と意気込みを述べました。 なお、大会は、今月19日(土)から21日(月・祝)まで長野県上田市菅平高原のサニアパークで開催されます。また、17日(木)に大津緑洋高校を出発した選手団は、9時30分ごろ長門市役所へ立ち寄り、玄関前で開催される壮行会に出席する予定です。