ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 湯本の夜を楽しむ

湯本の夜を楽しむ

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月7日更新
来場者でいっぱいの会場のようす

来場者でいっぱいの会場のようす
音信川恋伝説の紙芝居
マーゴフラ教室によるフラダンス
仙崎トロあじと長州黒かしわの無料試食は行列ができるほどの人気
会場には浴衣姿の来場者も
 7月5日(土)、湯本温泉音信川河川公園を会場に、毎月恒例のおとずれ夜市「じゃらんじゃらん」が開催されました。これは、5月から10月まで毎月第一土曜日の18時から開催されているもので、焼き鳥やラーメンなどのバザーやアコースティックライブが楽しめるイベントとして定着しています。    今年は天候の関係で今回で2回目の開催となりました。今回は、フラの輪を広げているマーゴフラ教室のメンバーがフラダンスを披露し、会場を盛り上げました。また、紙芝居「音信川恋伝説」が上演され、昔懐かしい紙芝居を楽しむ来場者の姿が見られました。また、地産地消prということで旬を迎えた仙崎トロあじの一夜干しと長州黒かしわの無料試食が行われ、人気を博しました。    アコースティックライブでは、5組のグループや個人が自慢の声を披露しました。  2ヶ月ぶりの開催ということもあり、会場はたくさんの来場者でいっぱいになりました。なお、8月は2日の開催の予定となっています。