ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > シニアフェスティバル

シニアフェスティバル

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月30日更新
あいさつをする新前豊会長

あいさつをする新前豊会長
会場を埋め尽くす老人クラブの会員
表彰のようす
講演を行った蔵本加寿恵さん
 6月30日(月)、第10回長門市老人クラブ連合会「シニアフェスティバル」が長門市中央公民館で開催されました。 これは、老人クラブの育成発展に功労があった人または団体に対して表彰を行い、また、日ごろの文化活動を発表し、生きがいや健康づくりの促進、高齢者同士の交流を図ろうと行われています。 式典では、はじめに長門市老人クラブ連合会の新前豊会長が「健康に気を付け、明るく楽しいクラブ活動をしていきましょう」とあいさつをしました。続いて表彰式が行われ、老人クラブの発展に功労のあった人や団体に表彰状と記念品が贈られました。その後、受賞者を代表して仙崎支部の藤田さんが「栄誉のある賞をいただきありがとうございます。クラブ活動のため引き続きお手伝いしたい」と謝辞を述べました。 式典の後、健康運動指導士の蔵本加寿恵さんが「こころとからだを健やかなる明日へ」と題して講演を行いました。講演で健康寿命延命のためのトレーニング方法を指導した蔵本さんは「覚えたトレーニングを日常生活において実践してください」と話しました。 なお、午後からは老人クラブの活動の成果を披露する発表大会が行われ、20組がステージ上で手品やカラオケ、フォークダンスなどを披露しました。